昭夫人の証人喚問の可能性はある?夫の安倍総理大臣の今後は?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どーも管理人です。

篭池理事長の国会の証人喚問

ですが新たなる疑惑が出て

更に混迷を深めていますね。

今後この問題がどうなるのか?

焦点の一つに安倍首相の夫人である

昭恵夫人の証人喚問はあるのか?

が争点の一つになってくると

思います。

今回はこの件を追ってみたいと

思います。

Sponsored Links

昭恵夫人の証人喚問の可能性

今日の国会で行われた篭池理事長の

証人喚問は参考人招致とは違い

断ることは出来ませんし

嘘を述べると偽証罪にも問われる

程強制力のあるものです。

そしてそんな中、国会で篭池理事長

が出席し証言いたしました。

まず昨年の9月5日に昭恵夫人から

「安倍晋三からです。」と言われ

100万円の寄付を受取りその中から

現金10万円を菓子箱にいれて

講演料の名目で渡したと国会で

証言しました。

その寄付金は2日後の9月7日に

森友学園の職員が振り込んだ

そうです。

ここで争点になるのが

篭池理事長と昭恵夫人から

お金を受け取った時の状態

が森友学園の園長室に2人だけ

の時であり、誰もそれを

見ていないと言うこと。

そして昭恵夫人が篭池理事長に渡した

寄付金の封筒はもう捨てているみたい

で存在していないと言う事です。

これについて安倍首相は森友学園への

寄付は安倍首相としても昭恵夫人個人

としてもしていないと否定しています。

しかし篭池理事長は国有地を借り上げ

できないかと昭恵夫人に相談した

時も昭恵夫人のお付きの政府職員から

その事について返信のFAXがありその

FAX用紙は篭池理事長が持っていると

言っていました。

菅官房長官はこの件を

「夫人付きの職員に陳情書が来た対応」

と述べ正式に否定されました。

また篭池理事長と昭恵夫人は

先月と今月もメールでやり取りして

おりその中で昭恵夫人から

「裏で何かがある様に疑われないように」

と口止めとも取れるメールがあったと

証言しています。

そして篭池理事長はそのメールの

やり取りの全文を公表すると

宣言しています。

しかし昭恵夫人は篭池理事長と

2人なった事はないとキッパリと

否定しています。

つまり篭池理事長と昭恵夫人の

言葉は全く食い違っている訳です。

一体何が真実なのか、そうでないのか

は分からなに状態になっています。

しかし篭池理事長の言っている事が

本当なら昭恵夫人の証人喚問の

可能性は高くなるのでは

ないでしょうか?

逆に昭恵夫人が言っている事が

本当なら篭池理事長は偽証罪に

問われるだけです。

ただこの件をハッキリさせる

為に野党側も今後も昭恵夫人

の証人喚問を求めるでしょうし

与党側としては現状拒否するでしょう。

両者のせめぎ合いは今後も続き

そうです。

Sponsored Links

安倍総理の今後は

安倍総理は兼ねてから国会の答弁で

自分や夫人が関わっていたのなら

自身の進退をかけると言っていました。

しかしもし仮に篭池理事長の言って

いる寄付金の話があったとするのなら

大変なことになります。

山本議員が言った

「アッキード事件」が現実味を

帯びてきます。

安倍首相が総理の座に帰り

ついて依頼アベノミクスや

東京五輪の招致を数々の実績が

全て吹っ飛ぶ程のインパクトのある

事態になるでしょう。

政権の混乱は国民の生活や経済にも

影響を与える事態になりかねない

だけに早期の解決が望まれる

ところです。

ですが篭池理事長の口からは

新たなる証言として3人の議員の

名前が挙がるなど益々混迷の模様

を深めています。

因みに3名の名前が上がった

議員とは

鴻池元防災相、日本維新会東徹議員

北川いっせい元国交省副大臣の3人です。

一体この問題はどこまで行くのか?

今後も注目したいと思います。

ネットの反応

ネットでも昭恵夫人の招致を

望む声は多いですね。。

まとめ

いかがでしたか?

今回は昭恵夫人の証人喚問

の可能性のお話でした。

今のところはその可能性はない

でしょうがこの件が今後混迷を深め

出口が見えなくなった時、参考人招致

の可能性はあると思いまがそこまで

行くとしたら相当事態が深刻になった

時でしょうからもう終末的な状態

の時でしょうね。

篭池理事長は夕方から外国特派員協会

の会場で記者会見をするらしいので

そこでまた新たなる進展はあるのか?

見てみたいと思います。

今回はここで終わりとします。

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする