朝青龍(元横綱)の総資産は100億円!性格やモンゴルでの評判や画像も!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どーも管理人です。

管理人は鍋が好きなので

レパートリーを増やすべく今度

ちゃんこ鍋にチャレンジしてみようかなと

思っています。

鍋はいいですよ。

体だけはなく心まで温まります。

管理人は心が落ち込んでいる?と

感じた時は鍋とか食べる様にしていましす。

まあこれは冬とか寒い時期の話で夏は鍋で

なくて美味しいものだったりしますが。(*^^*)

それより19日のTV番組デンジャラスエピソード

で元横綱朝青龍さんの現在が放送されていましたね。

今回は朝青龍さんを取り上げてみたいと思います。

Sponsored Links

朝青龍 明徳


名前: 朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり)

本名:ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ

愛称:ドルジ

生年月日:1980年9月27日

年齢:36歳

出身地:モンゴル ウランバートル

身長:184cm

体重:154kg

相撲:第68代横綱

現役当時の所属部屋:若松部屋→高砂部屋

朝青龍さんと言えば現役時代は短ったですが

太く短く駆け抜けたイメージがあります。

管理人の中では間違いなく歴代でも最強の

横綱の一人でしたし彼が最強だった時代も

ありました。

朝青龍が現役時代に土俵入りする際に

塩を天高く投げてふんどしを思いっきり

叩く仕草が格好よかったです。(*^^*)

彼より大きな力士はいましたがモンゴル相撲

で鍛えられた驚異的な足腰の強さでデビューから

数年で相撲の最高位の横綱まで上り詰めその取組も

相手から恐れられた喧嘩相撲で一世を風靡しました。

最後は残念ながら場所中でのモンゴルでの

サッカー問題で引退しましたが全盛期での

突然の引退であのまま現役を続けて

いればどこまで記録を作るのか期待されて

いましたから惜しまれる引退でした。

その朝青竜さんは今回日本のテレビに

出演されお笑いコンビ・はんにゃの

川島章良さんからインタビューされ

当時のサッカー問題のことを聞かれ

相撲だけではなく口でも見事な切り返しを

見せて笑いを取っていました。

朝青竜さんは現在は母国のモンゴルで

ビール工場やレストランにサーカス、銀行などを

多角的に経営しており貯金については答えません

でしたが資産は100億円ほどあると答えていました。

凄いですね!

日本のサラリーマンの生涯年収が

高卒で2億円、大卒で2億6千万円と言われて

いますから一体サラリーマンの何生分ですか?

って話なんですが。

因みに今度ちゃんこ屋を香港に出店するそうです。

朝青竜さんのネームバリューや日本食の世界的な人気

を考えるとこれは繁盛しそうな予感がしますね。(*´ω`*)

Sponsored Links

性格


朝青龍さんはとにかくヤンチャで乱雑なイメージが

ありましたが今回川島章良さんからインタビューを

受けている最中も川島さんも悪気はないのですが

川島さんの数々の無礼を叱ってはいましたが

最後は笑って許していました。

見ていて分かりやすく男気があった好感もてました。

相撲に対しても愛着と敬意を持っており

自身の横綱自体のマワシを自身の会社の控室に

大事に飾られていました。

日本にいた時の朝青龍さんのキャラは半分は

本当でもう半分は日本のマスコミが作り上げて

キャラだと思います。

彼の素の部分もあるでしょうがあの通りのキャラ

だと幾ら元横綱と言うブランドがあるにせよ

モンゴルでここまでの成功は出来なかったでしょう。

朝青龍さんは短気な面もあるとは思いますが

計算して物事を運べるクレバー人だと思いました。

じゃないとビジネスは出来ませんからね。(*´ω`*)

モンゴルでの評判

モンゴルが生んだ日本の2大横綱と言えば

朝青龍と白鵬ですがモンゴルでは朝青龍の

方が人気はあるそうです。

これは白鵬関が日本人と結婚し将来的に

帰化する意向があるためとか。

白鵬関も母国モンゴルで自身の帰化が

批判され説得するのが大変だったと仰られています。

対して朝青龍はサッカー問題で引退に追い込まれ

日本からボロボロになって帰ってきたので

同情もあるのでしょうね。

事実現役時代に朝青龍と白鵬との横綱対決

があった時も国技館では朝青龍を応援する

モンゴル人が多かったと言います。

後管理人が昔日本に留学していたモンゴル人に

聞いたのですが白鳳関は家が裕福なのだそうです。

対して朝青龍さんは家がそこまで裕福ではなかった

そうであの顔に似合わず苦労しているから

それもあるのではと言っていました。

今後

朝青龍さんは今後香港にちゃんこ屋を

出店する計画があり、他にもいろいろ

経営しているので今後はモンゴルに主軸

を置きつつ海外でも事業を展開して行く

計画みたいです。

日本にも朝青龍さんのプロデュースした

お店とかができると面白そうですね。(*^^*)

モンゴルの地下に大きなショッピングモール

も建設する計画もありもう立派な企業家、

実業家ですね。

相撲の才能だけではなく商才にも恵まれていた

様です。

しかしその根底には朝青龍さん自身の努力が

あったのも忘れてはいけませんが。

画像


まとめ

いかがでしたか?

今回は第68代横綱の朝青龍さんのお話でした。

歴史にたらとかればは禁句ですが、

もしもあの時引退しなければ朝青龍さんは

もっと偉大な大横綱になったでしょうが

今の成功はなかったかも知れません。

そう考えると人生って何が転機になるのか

分からないですよね。

朝青龍さんは相撲でも大横綱でしたが

実業家としても大横綱になって欲しいですね!

今回はここで終わりとします。

では失礼します!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする