歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール 寺子屋の入門や月謝は?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どーも管理人です。

管理人は芝居とかはあまり見ないのですが

嫌いではありあません。

芝居と言ってもいろいろありますね。

劇団四季や劇団俳優座やら有名俳優がやる舞台

とかや大劇団や小劇団とかありますね。

その中でも歌舞伎座は日本の文化であり

日本独自の演劇でもあります。

今回はその歌舞伎座のお話です。

歌舞伎は歌舞伎の役者の子供とかその血縁者で

ないと出来ないと思われがちですが

実は広く門出が開かれています。

Sponsored Links

歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール


歌舞伎アカデミー こども歌舞伎スクール(以下こども歌舞伎スクール)は

400年以上もの歴史をもつ歌舞伎から礼節を日本独自の「和」の精神を

学ぶことを目的に創設されました。

歌舞伎を通じて教養を学ぶだけではなく素質ある子どもは将来

歌舞伎役者として歌舞伎座に立つこともできます。

親御さんも自分の子供に礼節を学ばしたいと入門させる

人も多いみたいです。

特に現代は夫婦共働きで子供に接する時間が少ない夫婦が

多いので子供にどう接していいか分からない親御さんも

いるっらしゃるのでお子さんに礼儀を学ばすには

歌舞伎は最高の習い事の一つかも知れませんね。

中には本気で子供に習わせる為に東京ではなく

長野県とかから新幹線に乗って習いに来る親子も

いるくらいです。

入門するには


1年に一回募集を行っておりエントリーから

書類選考から対面での面接があります。

梅という”基礎コース”があり柿組と萌葱組の2クラスで募集され

それぞれ10名ずつの募集となります。

現在は第四期生まで募集が終了しています。

柿組が4歳から5歳のクラスで萌葱組が小学1~4年生のクラスとなります。

男女関係なく入門できますが入門が認められると正式に歌舞伎座で稽古が

できますが保護者の送迎と同伴及び見学が必須となっています。

また稽古前に教室に入る際は弟子である子どもだけではなく

保護者である親でさえ正座して挨拶するのを義務つけられており

言葉使いも講師から厳しく指導されます。

しかし親御さんも稽古中は自宅での復習に講師の指導や説明を

熱心にメモを取る親もおり子供と一緒になって頑張っています。

流石歌舞伎座ですね!

詳細は公式サイトに載っています。

Sponsored Links

講師は


講師はそうそうたる講師陣が揃っており

子供の指導は山崎由美子先生、春千景先生の

子供の指導経験豊かなお二人が主に指導されています。

講師一覧

引用元:公式サイト

画像の先生が山崎由美子先生です。

TVとかで見た限りは厳しい指導ですが厳しさの中にも

優しさがあり保護者の方にも信頼が厚い感じでした。(*^^*)

引用元:公式サイト

月謝は

月謝ですが月に3回の稽古で年間30回で

一回の稽古時間は90分でこれは大学の

一コマの授業時間と同じですね。

名門での授業なので月謝は高いのかと思いきや

月額11000円なので意外とリーズナブルです。

もっと高くても良いと思いますが通いやすい

価格にしてくれているのでしょうね。

歌舞伎座側にも将来の有望な子役が発掘できる

のでメリットがあるのでしょう。

この梅コースの上位コースである竹コース

や松コースもあります。

あります。

詳細は公式サイトを参照して下さい。

引用元:公式サイト(竹コース)

引用元:公式サイト(松コース)

歌舞伎役者への登竜門

引用元:公式サイト

この歌舞伎スクール の梅、竹、松の各コースで

研鑽し認められると歌舞伎役者に弟子入りする

事もできるみたいです。

才能を認められた人は「部屋子」(へやご)として

将来の幹部候補生として英才教育が施されます。

世襲のイメージが強い歌舞伎界ですが実は

実力や才能のある弟子が師匠に養子となって名を継いだ場合が多い

そうで親子三代歌舞伎役者という様な継承が行われる

様になったのは戦後のことなのでつい最近の事です。

一般家庭から歌舞伎役者となり成功した人は

多く坂東玉三郎や上村吉太朗、片岡愛之助も一般家庭の出身です。

努力次第によっては将来歌舞伎座に立つ事も可能となるのです。

歌舞伎役者の年収

歌舞伎役者の平均的な年収ですが

平均625万円だそうです。

結構貰っていますね。

出典

更に大物になれば舞台以外に

TV、雑誌、CM、ドラマ、映画

などの出演もあるので年収は青天井みたいです。

まあそこまで行くのは極一部だけですが

それにしてもスゴイです!

まとめ

いかがでしたか?

今回はこども歌舞伎スクール のお話でした。

華やかですが歌舞伎の世界は子供の頃から

厳しい稽古があり並大抵ではありませんが

頑張れば歌舞伎座に将来立つこともできる

なんて夢のある話ですね!

今回はここで終わりとします

それではまた!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする