中村雅哉(なかむら まさや)の大学や家族は?病名や資産とかも

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どーも管理人です。

管理人はゲームが大好です。

高画質なゲームをやりたく自作パソコンを組んだほどです。

余りにもゲームに夢中になるので日常の生活に支障が出てしまい

所持しているゲーム機やソフトを全て売った黒歴史さえあります。

今となっては良い?思い出ですが。W

ところで本日は訃報が入って来ました。

管理人も好きなバンダイの創業者の中村雅哉(なかむら まさや)氏

が逝去されたとの報が本日入って来ました。91歳の大往生でした。

ここでは氏の功績を讃えて記事を書きたいと思います。

Sponsored Links

中村雅哉(なかむら まさや)

中村さんは1925年(大正14年)12月24日

生まれで出身地は東京都の91歳で

今でこそ世界的に有名な企業の

バンダイですが最初は横浜の松坂屋デパート本店の

屋上に小さな中村製作所の事務所を設けたのが

始まりです。

どんな大企業も最初から大きかった訳ではなく

町の小さな町工場やら零細企業の会社から

スタートしています。

あのホンダも最初は町の小さなバイク屋さんが

始まりでしたからね。

その後パックマンが世界的に大ヒットし

有力企業への道を歩みます。

中村さんはバンダイの看板ゲームの一つ

ファミスタシリーズにも監督や選手として

キャラ出演しています。

また企業再生の手腕も高く日活とか業績が悪化した

企業の業績を立て直したりもしています。

この様に経営者としても一企業人をしても

日本経済への貢献度は大きく非常に高く

評価されています。

その功績が認められて藍綬褒章も受賞した

ことがあります。

大学は?

中村さんの大学は横浜国立大学だそうです。

すごいですね!

横浜国立大学はかなり偏差値も高いので

中村さんは頭脳も切れる秀才だったのでしょうね。

横浜国立大学は勉強もできるけどスポーツもできる

人が多いイメージがあります。

中村さんも学生時代は勉強もできて運動もできる

爽やかな感じだったのでしょうね。

家族は?

中村さんの家族ですが不思議なことに情報が

ありません。

これだけのビックネームとなれば当然情報は

あると思ったのですが何故かありません。

年齢的にいっても当然結婚もしているだろうし

お子さんどころか孫とか下手するとひ孫とかも

いても不思議ではありません。

ですが情報がないところを見ると推測ですが

意図的に情報を非公開したのかも知れませんね。

世界的な大企業の創業者で有力者の血縁者ともなれば

一般人とは言え要人の様な扱いで注目度も半端ないでしょうし

時としてそれが良からぬ事案に巻き込まれる可能性も

あるので少しでも穏やかな日常を遅らせる為に

敢えて隠したのかもしれませんね。

Sponsored Links

病名は?

病名ですが明らかにされてはいません。

ですが年齢や季節を考慮すると

風邪とか肺炎とか冬につきものの病気でしょうか?

しかし情報がないので違うのかも知れませんね。

病気なら隠す必要もありませんし。

高齢だったので老衰の可能性も高いですが…

それならば天命を全うして安らかに逝かれたのだと

思います。

資産は?

中村さんはバンタイの創業者ですから資産はどのくらいでしょうか?

2017年度の最新データーによると

バンダイはゲーム関連会社の時価総額のランキングでは第4位で

時価総額は6993億円です。

1位はソニーの4兆4242億9100万円

2位は任天堂の3兆3384億3000万円

3位はネクソンの7701億5700万円と続きます。

なんか1位と2位が無双すぎますね..

因みにバンダイはゲームアプリ開発会社の時価総額のランキングでは

堂々の第1位です。

流石ですね!

そう考えると資産は相当な金額になるのではないでしょうか?

詳しい情報が開示されていないのでよく分かりませんが

欧米のGEO(最高経営責任者)とかは凄い報酬を貰いますが

日本もそこまでとは行きませんがそれでもかなりの額の

資産を保有しいると思われます。

あの世界的な大ヒット作の「パックマン」を生み出した

パックマンの父ですから少なくはない筈です。

中村さんは自身の資産から大学とかに億単位の寄付もして

いたそうですからかなりあると推測されます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はバンダイの創業者の中村雅哉(なかむら まさや)さんの

追悼記事でした。

バンダイのゲームは面白いゲームが多く任天堂やソニーに

対抗できる魅力あるコンテンツを数多く持っています。

これからのバンダイは中村さんが残した理念と信条を

受け継ぎ中村イズムを伝えてくれると信じ今回は

ここで終わりとします。

最後に中村さん本当にお疲れ様でした。

ゆっくりお休み下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

それではまた。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする