岡山京橋朝市のアクセスや混雑状況は?今年の残り開催日を調べた

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どーも管理人です。

管理人の地元は岡山なのですが

このブログではそんな岡山の情報も紹介

しようと思っています。

そんな中管理人のオススメの岡山の風物詩の

行事の一つが今回ご紹介する京橋朝市で

こざいます。

実は管理人この京橋朝市には運営する

出店側のバイトとして携わっていた

事がありまあまあ知っています。

今となっては良い思い出ですが

岡山では結構知られているイベントで

すが今の若い人は知らない人もいる

みたいですが、岡山の朝市の中では

定期的に開催されているオススメの

行事の一つです。

Sponsored Links

備前京橋朝市って?

月に一回第一日曜日に岡山市内中心部

京橋の旭川河川敷にて開催される朝市で

あり歴史は古いです。

基本的には毎月1回第一日曜日開催なの

ですが12月だけは例外的に2回やって

います。

12月は既に1度開催しているので

後は12月20日に第356回目を

開催し本年度の日程を終了します。

様々なお店や屋台が出店し通常の

朝市の様に野菜や魚だけの販売では

終わらずパンやらフルースやらお肉やら

様々な食が売られています。

屋台とかではその場で料理したものが

食べれますよ。

変わった所ではカヌー教室みたいな事も

やっています。

管理人は学生の頃に某スーパーのスタッフと

して一時期ここの朝市に顔を出していました。

当時の記憶ではスタッフの準備は午前3時くらい

から現地で始まっていましたね。

トラックで乗り込んでテントを設営し日の出の

開催と共に沢山のお客様をお迎えしていました。

ご家族連れやペットを連れてくる人も多く

とても活気があります。

夏場は午前4時半。冬場は午前5時くらいから

始まります。

朝市が終了するのは午前10時頃でお客様のピークは

大体6時前後から8時過ぎがピークだったと

記憶しています。

毎回数はばらつきがありましたが

100軒近くから多い時は120軒以上が参加して

いたと思います。

取り扱っている商品は

季節の野菜、鮮魚、果物、干物、揚げ物、豆腐、

味噌、卵、切り花、植木、精肉、米、寿司、弁当、

うどん、ラーメン、パン、焼き菓子、カレー、肉まん、

焼き鳥、自家製ソーセージなど、又ドリップコーヒーや

中華粥、ほかに行政書士の無料相談やアート村の展示

などもあり通常の朝市の域を超えています。

管理人も1本500円位の牛肉の串を2,3本食べると

お腹一杯になります。

管理人も結構食べる方なのですが500円でかなり

デカイ肉が刺さっています。

女性なら1本で十分でしょうね。

Sponsored Links

アクセスと混雑状況は?

場所は岡山市北区京橋西詰河川敷

主催は京橋朝市実行委員会で

アクセスですがJR岡山駅から車で

約15分で5月と10月のみはバスも

出ています。

休日の日曜日に開催し早朝から午前10時

頃に終了する事を考えると車で行っても

さほど渋滞には巻き込まれにくい曜日と

時間帯なのでそれほど渋滞の心配はない

と思います。

車で来場した場合の駐車場ですが

近くには幾つか駐車場があり

紹介すると有料と無料があります。

無料の方はすぐ埋まるので無料を

利用したい人は朝一で行った方が

いいです。

特に繁雑時は無料、有料問わず

埋まるので離れたそうなると駐車場

まで停めに行かねばならず面倒です。

自転車やバイクでも行けますが

安いのでかなり買って帰る人が殆ど

なので荷物の量とかを考えると

車がある方は車で行った方が無難

かと思います。

ちょっと食事して帰るのなら別に

車でなくとも構わないと思いますが

ちょっとの食事の為にわざわざ朝市に

来る人の方が少ないと思いますよ。

一応駐車場のURLを貼っておきますので

参考にして下さいませ。

http://www99.no-ip.info/bizenokayamakyoubashiasaichi/BD/access/pg02.html

まとめ

いかがでしたでしょうか?

管理人はスタップとしては

よく行ったのですがプライベート

では行った事がありません。

時間があればプライベートで

行ってみようかと思います。

写真がないのが残念ですが

「京橋朝市」でググれば

写真を閲覧する事もできますので

興味のある人はググッてみて下さい。

とにかく満足度が高いので

もし行けるのなら一度行って見ると

いいですよ。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

ではまた。^_^

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする