小澤竹俊(訪問診療医)の高校大学や家族は?年収や宗教とかも!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

こんにちは管理人です。

今日は花粉症の予防の為に耳鼻科に

行ったのですがこれから耳鼻科は2時間

待ちになるそうなのでお薬を一ヶ月分貰って

帰りました。

今年は早くから予防しているので症状は

まだ出ていませんが、こんな事ならもっと

早く耳鼻科に行けば良かったと思っています。

ここ3年ほど耳鼻科に行かず自力でしたからね。(*´ω`*)

ところで今日6日放送のNHKの番組の

プロフェッショナル仕事の流儀では

訪問診療の医師である小澤竹俊医師

が出演されますね。

今回は小澤医師にスポットを当ててみました。

Sponsored Links

小澤竹俊

引用元:公式サイト

小澤医師は1963年生まれの東京都出身の

54歳で医師になってから救命救急センターを

始め過疎地の農村医療などにも関わり

1994年より横浜甦生病院 内科ホスピス勤務し

1996年にはホスピス病棟長となりました。

その後2006年に自身のめぐみ在宅クリニックを

開院し現在に至ります。

小澤さんがされている訪問診療とは在宅医療

の事で例えば患者さんで自宅で人生

の最後を迎えたいと言う人もいれば

自宅と病院の往復がキツイ人もいて

様々です。

小澤さんはそんな人の為に自宅まで訪問して

医療を提供しています。

小澤さんは苦しんでいる人を救いたいとの思いから

医師を志したといいますが、それでもこれは

相当な負担で強い義務感と精神力がないと

できない事です。

訪問診療は

高校大学


小澤さんの高校と大学はどこでしょうか?

高校は桐蔭学園高校です。

同高校は偏差値73以上で神奈川県の超進学校です。

現役で医学部に入られていますから

スゴイですね!

大学ですが1987年に東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業

されています。

その後に今度は

山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程に入学し

1991年に同大学の博士課程修了し卒業され

医師として現場に出ていますから

医師としてのスタートは27歳と若干遅いスタートでした。

やはり医師になるだけあって学歴も素晴らしいですね。

しかしそれ以上に苦しんでいる人の為に医師として

の活動しているところを見ると頭脳だけではなく

人柄も素晴らしい人なのでしょうね。

お金の事を考えているのならもっと楽して出来る

方法や道はあったと思いますが小澤さんは

敢えて困難な道を選び続けて来ましたから

人間的にも尊敬に値できる人だと思います。

Sponsored Links

家族は

小澤さんの家族はどうなのでしょうか?

ご家族のことを調べましたが

情報が見つかりませんでした。

年齢的に結婚はされていると思いますし

お子さんも高校か大学生くらいでしょう。

ですが情報がありません。

今晩の放送で家族の事も明かされるのでしょうか?

注目ですね。

でも小澤さんのご家族なのですからきっと素晴らしい

ご家庭なのは間違いないと思いますよ。

年収

小澤さんの年収はどれくらいあるのでしょうか?

公表されていないので推測するしかないのですが

開業医なので開業医の平均年収は2500万円くらい

が平均の様ですがこれは住んでいる地域の規模や

環境とかにもよって違ってくるので一概には言え

れませんが小澤さんは神奈川県横浜市で

開業医をしており環境は悪くはありません。

またこれ以外にも小澤さんは本を執筆したり

講演会を定期的に開催しているので

これらの収入も考慮すると

3000万は最低でもあると思いますよ。

これだけ様々な活動されていて

開業医の平均年収と同じ訳が

ありませんからね。

宗教

小澤さんはマザーテレサから強い影響を

受けており28歳の時に山形南部教会と

言うところでクリスチャンの洗礼を

受けています。

確かに医師と言う職業柄これまで

3000人近い人を見送ってきた

そうですから幾ら強い精神力が

あっても何かにすがらなければ

とてもではありませんが出来ない

事だと思います。

同時に患者に対しても常に思いやりの

心を持って接しなればなりません。

キリストの愛の教えは小澤さんに

とって人生の指標であると同時に

救いでもあったのだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は今夜放送される訪問診療の

小澤先生のお話でした。

今夜の放送で小澤さんの思考や価値観、

人生観といった小澤さんを形成している

ものが奥深くまで知られる事ができたら

嬉しいですね。

今回はここで終わりとします。

それではまた!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする