清水富美加(ふみか)幸福の科学出家問題で巨額損害賠償請求の額は?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

どーも管理人です。

朝は流石に寒いですね。

温かいコーヒーか紅茶でも飲んで

体を温めるに限ります。

そろそろ本気で暖かくなって欲しいんですg

暖かくなると今度は花粉が飛ぶと言う…

まあ、上手く付き合って行くしかないです。

ところで今回の話は主に引退&出家問題で揺れ

ている女優の清水富美加さんの所属事務所の

レプロエンタテインメントの話です。

Sponsored Links

今回の件でのレプロ側の見解

レプロエンタテインメント (以下レプロ)の今回の

清水さんの幸福の科学出家問題での立ち位置ですが

簡単に言うとまず清水さんが家族ぐるみで幸福の

科学の信者だと今まで知らなかった。

引退するにしても今年の5月10日までは契約が

残っているので契約期間内は仕事を全うして

欲しいというスタンスです。

また清水さんの待遇にしても本人が言う

「無理やりとかやりたくない仕事をさせていたことはない」

と反論しておりまた

月に1回か週に1回程度の不定期で本人とマネジャーが

面談し今後の仕事の説明をしその時点で本人が

やりたくないと言えば事務所としてその仕事を

断ることも視野に入れるが、清水さん本人が

寧ろ積極的にいろんな仕事をやってみたいと

言っていたと不快感を露わにしています。

その上で5月20日まで契約が残っているので

これに対し清水さんが出家する幸福の科学側

今回の出家に至るまでの過程には様々な伏線が

あったとし本人がやりたくない仕事をやらされたり

何より本人の良心や思想信条に合わない仕事が

増え断ると事務所から干され仕事ができなくなる

恐怖心から追い詰められて行き最後には心身の異常を

抱え今月に入りドクターストップがかかったことから

今回の事態に至っと経緯を説明し清水さん本人もtwitterで

「力ある大人の怖い部分を見たら夢ある若者は

ニコニコしながら全てに頷くようになる。

そんな中ですり減って行く心を守ってくれよう

としたのは事務所じゃなかった」

とつぶやき両者の言い分は真っ向から対立しています。

レブロ側からすると契約期間が残っている状態で

清水さんに辞められると多方面に迷惑がかかる

事になりレプロ自体の信用問題にもなりレプロ

と言う芸能事務所存続が困難になること

も考えられます。

教団側も出家までするくらいですから教団の

熱心な信者ですしまた清水さんの知名度から

して見放すことは考えられず守ろうとする

でしょう。

幸福の科学も教団として声明を出しているので

一大宗教団体としてのメンツもあるでしょう。

こう言う時の宗教の結束って侮れなくなります。

批判されれば批判されるほど信仰が試されている、

信仰の危機とか迫害されているとなって

更に態度を強固にしてくる可能性があるからです。

しかも信徒数1200万人以上と言う世界的な

一大宗教団体なので、ここまで来ると組織力や

財力からしてもう一つの国と言っても過言では

ありません。

裁判といった法廷闘争になっても一歩も

引かないと思います。

Sponsored Links

発生する違約金は

引用元:instagram

清水さんはこれから出家し

法名を千眼美子 (せんげんよしこ)とし

宗教活動に専念する意志を示していますが

ここで問題となるのはこのまま引退した

として違約金は幾らになるのかと言うことです。

この場合発生する違約金は主に番組に出演

していればTV局とかCMに出ていれば

スポンサー企業や雑誌に出ていれば出版社からの

契約と言った諸々の契約が残っており、これらが

対象になるでしょうから

それらを反故にするとなると過去の芸能人の例を見ても

詳しい額はまだわかりませんが億単位は行く可能性

はあります。

各方面に発生する違約金をまず事務所が肩代わりをし

それから本人に請求と言う流れになると思いますが

清水さんの引退や出家の経緯から考えて払うとは

思えず、そうなると裁判による巨額損害賠償請求

に発展することになるでしょう。

幸福の科学の財力からして、その程度のお金は

払えると思います。

ですが今回のここまでの過程からしてそれは拒否する

でしょう。

このまま行くと最悪ドロドロの法廷バトルになること

も十分予想されます。

レプロ側の顧問弁護士も会見で

清水さんに損害賠償を求める可能性を聞かれ

「今の段階では出ていないが、話し合いが付かない場合はあり得る」

と含みを持たしています。

過去の芸能人の例

参考までに過去の芸能人の違約金

の額を調べました。

赤西仁さんと黒木メイサさんご夫婦が

デキ婚問題の時に10億5500万円

でダントツで次に来るのが

酒井法子さんの薬物事件の時の5億円です

最近ではベッキーさんの不貞問題の際は

 4億円の違約金が発生しています。

この様に違約金はその芸能人の仕事の量はもちろん

その知名度や人気度に比例して上がって行く傾向に

ある様です。

まあこれは純粋に事務所やそれに関係する各方面

が被った損害プラスアルファで懲らしめ的な

意味もあると思いますので、それも高くなる

要因の一つではないでしょうか?

次々後に真似される人が出ても困りますから。

なので今回の清水さんの出家&引退騒動で

発生する違約金は上記の方々とまでは行かない

までも下手をすると億は行く可能性は十分あります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は今後清水富美加さんに発生するかも

しらない違約金とそれに伴う損害賠償請求

の話でした。

まとめると

・両者の見解は食い違いは平行線を辿っている。

・このままだと違約金問題となり巨額損害賠償請求に発展する可能性がある。

・過去の事例を見ても違約金は高額になる傾向がある。

以上です。

この件が一体どういう決着を見せるのかは

まだ分かりませんがまだまだこの件からは

目が離せませんね。

それではまた!

関連記事

レプロエンタテインメント顧問弁護士の山縣敦彦と塩川泰子の経歴は?

清水富美加(ふみか)芸能界引退の背景は?幸福の科学とは?今後も!

ぺふぺふ病とは一体何?症状や清水富美加(ふみか)の現在の状態は?

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 清水富美加(ふみか)幸福の科学出家問題で巨額損害賠償請求の額は? […]

  2. […] 清水富美加(ふみか)幸福の科学出家問題で巨額損害賠償請求の額は? […]