辛 淑玉(シン スゴ)のりこえネットの経歴や高校は?結婚や家族も!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どーも管理人です。

ニュースを見ていたらいろんな事が報道されていまね。

おめでたいニュースからそうでないニュースも

様々です。

最近注目しているニュースの一つに沖縄の基地問題が

あります。

辺野古の埋め立てがやっと始まった様です。

日本本土で生活している自分たちには分かりませんが

沖縄の問題は現地の人にとっては切実な問題なのでしょう。

その沖縄の問題で様々な発言をされている方で

のりこえネットの共同代表でもある

辛 淑玉(シン スゴ)さんを今回は取り上げたいと

思います。

Sponsored Links

辛 淑玉(シン スゴ)

名前:辛 淑玉(シン スゴ)

生年月日:1959年1月16日

年齢:58歳

出身地:東京都渋谷区

辛淑玉さんは在日3世で日本名は「新山節子」で

愛称は「せっちゃん」と呼ばれていて

生まれも育ちも日本です。

お父さんは弁護士を目指していましたが家は

決して裕福ではなかった様です。

出生ゆえ苦労されておりそれが今の辛さんを形成

している要因かも知れません。

辛さんは本を出版しておりタイトルは

「せっちゃんのごちそう」という題名の自伝

なのでAmazonや楽天で探せばあると思います。

辛さんは幼いことから収入を得る為に内職を

していました。

小学4年生の頃からヤクルトの販売員をしており

ヤクルトの販売員を見かける度にヤクルトを

買い求め応援すると言う逸話があります。

正直な話ですが辛さんの事は時々TVやネットで

見かける程度でそんなには知らなかったのですが

今回の事でいろいろ知ることができました。

高校は

最初小学校は日本の小学校に入学し

その後に朝鮮学校に転校しました。

その後は小学校と中学校と朝鮮学校に

通われ中学の途中で日本の中学校である

杉並区立泉南中学校に転校し高校も日本の高校の

東京都立第一商業高等学校に入学し通われました。

高校時代も焼肉屋のアルバイトなどをしながら

予備校にも通じ高校卒業後の就職に備え

商業英語、珠算、簿記、カナタイプなど様々な

資格取得の為に勉強され全て取得されました。

それも複数のアルバイトを掛け持ちしながらなので

相当な努力家であることが伺えます。

Sponsored Links

結婚は?家族は?

辛さんの結婚や家族についても調べましたが

残念ながら見つけられませんでした。

考えてみれば当然かもしれませんね。

辛さんのされている活動はデリケートな面が

多分に多いのでTVなどに出演していると言っても

一般人なので家族とか親族とかの情報は公表しない

方が身内のプライバシーや安全上の理由によるところ

が多いのでしょう。

国籍は?帰化は?

辛さんの国籍は韓国籍です。

しかし1987年に日本人になろうとして単独で

帰化申請を行っています。

この時に担当へ「辛淑玉」という名前をそのまま

日本名として使いたいと願い出ましたが

担当から「もっと日本人らしい名前にするように」を

言われましたが断ると

「よき日本人になろうとする意志が感じられない」と

して帰化申請を取り消されています。

この時の日本は在日の方が帰化する際は一人だけでは

なく家族全員が皆揃って帰化することが推奨されてい

ましたのである意味仕方がないことでもありました。

彼女の反日発言の背景にはこの件だけではなく

幼少期からの様々な体験があって今の辛さんが

作られてきたのかも知れませんね。

調べれば調べる程なかなか難しい問題です。

正直な話、誰が正しいかとか間違っているか

とか管理人が決まることはできませんし

誰にもできないと思います。

これは時間が経って後世の世や人々が良い形で

解決してくれると期待したいですが。

まとめ

いかがでしたか?

今回はのりこえネットの辛 淑玉さんの

お話でした。

普段は今回のことは全く気にはしなかったのですが

何がキッカケで意識するのかは本当に分かりません。

人種のルツボと言われているアメリカでさえ

深刻な問題を抱えています。

日本も少子高齢化する現状を変えるために経団連とかが

移民政策を唱えていますが安易な政策は必ず負の問題が

生じます。

それは欧州を見ても明らかでしょう。

諺で賢者は歴史から学び愚者は経験から学びと言う

言葉があります。

十分な論議と検証が尽くされるべきでしょう。

しかし歴史的に見ても人間は様々な難題を乗り越えて来ましたか

いつの日か良い形で解決されることを願って今回は

ここで終わりとします。

それではまた!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする