東海道本線踏切事故(3/2)の遅延による再開はいつ?事故に原因や場所は

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どーも管理人です。

大変なニュースが飛び込んできましたね。

2017年3月2日に起きたIR東海道本線での

電車と車との接触事故により東海道線

が大混乱に陥っています。

遅延による再開の目処や事故の原因や

場所や事故車両などを取り上げます。

Sponsored Links

事故の状況

事故の状況ですが今朝の6時54分頃に

安城ー西岡崎間の踏切で乗用車と列車が衝突し

乗用車は炎上し運転手は死亡との事です。

この事故の影響により列車の窓が破損し

車輪も一部脱線したので

現在復旧に時間がかかっている状況です。

この写真が事故の衝撃を物語って

いますね。

Sponsored Links

再開は

事故の影響により

東海道本線[豊橋~米原]

武豊線 、高山本線[岐阜~猪谷]

大井川鉄道井川線の各路線で

影響が出ており事故が起きた

東海道本線では運転見合わせの状況が

続いています。

特に東海道本線は利用者が多い路線なの

で影響は大きいです。。

東海道本線の振替を捌いている

名鉄が現在のところ15分程度程の

遅れが出ている様ですね。

これから徐々に復旧はして行くで

しょうが現在のところは振替で

名鉄の知立駅を使うしかない様です。

原因は

事故の原因は踏切で電車に乗用車が

衝突したのが原因だそうです。

場所は

詳しい場所は分かりませんでしたが

東海道本線 西岡崎-安城間の踏切だそうです。

事故を起こした車両は何?

事故の車両は今のところは分かりませんでし

たが、これから原因と共に明らかになって

いくでしょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする