やる気が出ない場合の対処はと予防は?行動できないその源因を探る

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

どーも管理人です。

正月疲れ&ボケ状態の管理人です。(笑)

皆さんはどうでしょうか?

大晦日の年末まで全力で突っ走って

来た人も多いと思うのでこれから

燃え尽き症候群になる人も多いの

ではないのでしょうか?

休むのも大事ですがこれがずーと

続くのは問題ですよね。

オンとオフ、動と静の両方が両立できて

こそ社会人ですし社会での活動ができますから。

今回はちょっと雑学と言うか息抜きのつもり

で行動できない理由とかについて

管理人なりの視点で書いてみたいと思います。

Sponsored Links

行動できない?

何故行動が止まるのか?

考えるに

・環境

・性格

大体はこの2つだと思います。

環境は外的要因、性格は内的要因

どちらか一つの場合もあるでしょうし

両方の場合もあるでしょう。

性格なら良く言えば慎重、

悪く言えばサボリなのでしょう。

別に批判する気はなくてこれは人間

なら誰しも持っているものです。

これは後で詳しく述べます。

環境ならその環境に理由があるのですが

一言に環境と言っても色々あります。

・人的環境。

・文字通りの環境ですね。

人的環境は周囲の人間関係とかで

仕事で嫌な上司や同僚がいるとか

自分の行動を結果的に阻害して来る

人物が存在したりする場合です。

相手に悪意はなくても結果的に

あなたの行動を制限してきます。

例えば例を挙げるとあなたが何かの資格を

取ろうとしているとします。

そうしたら「今更そんなもの~」みたい

に否定してきます。

相手からしたら悪意はなくあなたの事を

思って行っているのかも知れませんが

結果的にあなたの可能性を潰します。

環境的なものなら今あなたが置かれて

いる環境のことです。

職場の環境とかがその最たる例ですね。

ブラック企業とか言われていますが

とんでもない残業時間とかをさせられ

残業代すら払われないとかが問題に

なっていますね。

近年それで精神を疲弊し追い詰められて

病院に通ったりする人が増えているそう

です。

いずれにせよ現代は便利になった反面、

様々な問題がありストレスの多い社会に

なっていると思います。

Sponsored Links

対処と予防は?

管理人なりに考える対処と予防ですが

環境の人的要因なら

付き合う人を変える、付き合っても

範囲を制限するとかです。

職場の関係なら100%疎遠になる事は

無理ですからとにかく色々理由をつけて

対応してみる事です。

飲み会なら今日は家庭のことで手が離せな無い

とか今日は他の予定が入っていてとか

とにかく理由を付けることです。

ただ何時も断っていたら関係がまずくなる

ので3回に1回は応じるとか臨機応変に

対応して下さい。

「今更そんなこと~」と行ってくる

人は聞き流していればいいだけです。

あなたは人から言われてどんな事でも

しますか?

違いますよね。

自分の人生は自分だけのものので

自分をしっかり持つ事だ大事です。

人は好きな事をあなたに言いますが

その発言の責任までは取ってくれません。

人の助言は助言として参考までにはしても

それを鵜呑みにしては行けません。

ブレない!これが大事です。

純粋な環境ならその環境を思い切って変えて

みるのもいいでしょう。

性格は変えれませんが環境は変える事が

できます。

それが最善で可能なら環境を変えてみる

のがいいでしょう。

今スグ環境を変えれないのならそれを

徐々に変えれるようにして行きましょう。

その準備とかは人には言わない方がいいかも

知れません。

何かの邪魔が入っても行けないので。

言うのは準備が完全に整ってからが

いいでしょう。

性格的な要因としては

慎重とか引っ込み思案が挙げられます。

それとシンドイのが嫌とかですね。

例ですがその資格の為に勉強を始めた

人が勉強がシンドイからって辞める

理由にはなりませんよね?

勉強は辛いものだと分かって始めた

筈ですから。

誰でもシンドイのは嫌ですが

その先にある行動した先の「未来」

を考えた時頑張れる筈です。

また行動が止まる人のタイプとして

最初から結果を求め過ぎている言うの

が挙げられます。

いきなり腕立て百回とか懸垂10回連続

でやれる人は少ないです。

先ずは10回、明日は11回とかちょっとずつ

積み重ねた結果であり最小からゴールを

目指していたら息切れします。

よく2倍とか3倍努力しろ!って聞きますが

2倍も3倍も出来るわけがありません。

一瞬ならできるかも知れないませんが

すぐ心身が悲鳴をあげます。

心身が辞めてくれ!とサインを出して

いるんですよね。

無理をせず昨日より1%上を目指す。

そしてその過程を楽しむ。

これでイイんじゃないでしょうか?

それでも息切れした時はありのままを

受け入れ休んだらいいと思います。

ずっと休むのはいけませんが次への

活力が溜まるまで休んだらいいと

思います。

ボーっとしているだけでも全然

違います。

仕事だって一日8時間100%ぶっ通しで

やれる訳がありません。

無自覚かどうかは別として

要所要所でいい意味で手を抜いている

筈です。

そして頑張った自分に自分へのご褒美を

用意して下さい。

管理人の場合は趣味で記事を書いて

いますが記事を書いた後は動物の

動画を見たりしています。

これが管理人にとっては何よりの

ご褒美なのです。

自分へのプチご褒美を用意しておけば

ニンジン作戦ではありませんが

結構それを楽しみに頑張られるものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか

最近管理人の周りでも行動できない

との声があったりしたり、

管理人自身もそれを経験して来ています

し気持ちはよく分かります。

今回はちょっと脱線して番外編のつもり

で息抜きの意味も込めて管理人なりの

経験から、そして過去の管理人自身に対して

この記事を書いてみたつもりです。

今回の記事が読者様の役にたったら

嬉しいです。

今回はここまでとします。

ここまで読んで下さりありがとうございます。

感謝の気持ちで締めくくりたいと思います。

最後の管理人の座右の銘を送ります。

「意思あれば道あり」

それでは!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする