安田翠(東京都八王子市)ちゃん飼い犬に噛まれ死亡!原因や犬の今後は

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

どーも管理人です。

痛ましい事件が入ってきました。

東京都八王子市の民家で

生後10カ月の女児、安田翠ちゃんが

飼い犬に噛まれ死亡すると言う事件が

おきました。

今回は原因や犬の今後はどうなる?

と思い調べて見ました。

Sponsored Links

経緯

安田翠(やすだ みどり)ちゃんが

東京都八王子市大塚に住んでおり、

同じ地区の北野台にある母親の

実家である祖父母宅に預けられて

いる時に事件は起こりました。

祖父母宅で室内飼いされていいた

飼い犬のゴールデンレトリバーに

突然襲われて噛まれ翠ちゃんは

病院に搬送されましたが

約2時間半後に死亡が確認された

とのことです。

翠ちゃんはまだ生後10カ月の女児で

ハイハイしていた時に飼い犬が

翠ちゃんの頭部に突然噛み付いた

そうです。

Sponsored Links

噛み付いた飼い犬の特徴

現在分かっているのは翠ちゃんに噛み付いた

のはゴールデンレトリバーで

4歳のオスで体重約37キロで

ゴールデンレトリバーとしては

平均的な体躯だと思います。

ゴールデンレトリバーの性格は温厚で

優しく人懐っこい性格で警察犬や盲導犬、

介助犬とかで

活躍している犬種です。

祖父母もこの犬を室内で放し飼いに

していたくらいですから普段は

大人しかったのでしょう。

実際に祖父母も

「ほえたりかんだりしない、臆病でおとなしい犬だった」

と警察に述べているそうです。

原因

そんな大人しい犬が何故赤ちゃんを

突然襲ったのでしょうか?

管理人は祖父母の発言の

「ほえたりかんだりしない、臆病でおとなしい犬だった」

に着目しています。

思うのですがこの飼い犬は人間の

赤ちゃんを余り見た事がないか

見た事がなかったのではないでしょうか?

その為赤ちゃんの事が怖かったのかも

知れません。

また襲う前に赤ちゃんが犬にちょっかいを

出していて気が立っていたのかも知れません。

赤ちゃんと言うのは予想外の行動を

しますから。

よくyoutubeとかで赤ちゃん動画を

見ていたら赤ちゃんが犬や猫に

ちょっかいを出している動画が

ありますね。

微笑ましい動画なのですが

反面見ていて

動物の方が赤ちゃんを襲わないか

と心配になる時があります。

大丈夫かな?って

思う時があります。

そして、もう一つ考えられる理由としては

この飼い犬は赤ちゃんに「自分の居場所」

取れれると思ったのではないでしょうか?

祖父母宅では祖父母とこの飼い犬が

普段2人と一頭で生活しており

室内飼いまでしていた程ですから

この飼い犬は祖父母から愛情を

受けていたと思われます。

それが赤ちゃんとは言え余り知らない

者がいきなり家にやって来て

祖父母の愛情を独占して面白く

なかったのかも知れません。

これは犬の社会を考えて貰えば分かる

のですが犬の社会って縦社会なんですよね。

つまり階級制なんです。

古い時代犬は群れて集団を作りその中で

ボスがいて統率していました。

そして犬は自分の居場所や縄張りを

犯す者に対しては敵意を剥きます。

この特性を利用されて犬は番犬として

も飼われていたりしますよね。

犬と言う生き物は人間である同じ犬であれ

自分が認めた者には確かに大人しく従順

ですが自分が認めていない者に対しては

攻撃的になる時があります。

犬をペットとして飼っている家庭は多いですが

犬の中では明確な順位付けをしているとさえ

言われています。

恐らくこの飼い犬は翠ちゃんの事を

自分より「上」とは認めてはいなかった

のかも知れませんね。。

犬の今後は

犬の今後ですが恐らく

保健所で殺処分されるのでは

ないでしょうか?

事故とは言え人間を死なせている

のですからこのまま家で飼い続ける

のは不可能でしょう。

母親も実家に帰れば犬の顔を見る事て

翠ちゃんの事を思い出して辛くなる

だけでしょうから。

今回の件は人間にも犬にも不幸な

結末となりましたね。

まとめ

いかがでしたか?

管理人も犬は好きですし犬が

好きって言う人は多いと思います。

犬は人間の友達と言いますが

接し方や飼い方を間違えると

時に痛ましい事態に遭遇する

と言う事を警鐘を鳴らしている

のかも知れませんね。

2度とこの様な事件が起きる事が

ない事を祈るだけです。

今回はここで終わりとします。

それでは失礼します。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする